荒木式 高血圧改善プログラムの断糖食とは?

なぜ 断糖食で血圧を下げられるのか?

荒木式高血圧改善プログラムは断糖食で高血圧の克服を目指すものです。

 

荒木医師

開発したのは、高血圧の入院治療で実績がある崇高クリニックの荒木先生で、クリニックと同じ食事療法を自宅で学べるサービスです。

崇高クリニックは兵庫県加古川市にあり、院長の荒木裕氏(あらき・ゆたか)は、1934年生まれと80歳を超えた現在も現役の医師として活躍されています。

 

荒木医師によると、降圧剤は一時的に血圧を下げるだけの対症療法に過ぎないため、根本的に高血圧を改善するには体自身を健康体にしていかないと一生、薬の世話になるばかり。

 

一番重要なのは生活習慣、特に食生活を変えることで、高血圧を自分の力で克服することは可能とおっしゃいます。

 

どんな食事療法か?

 

1.糖質を含む食品をできる限り避ける

 

断糖食とは、その字のごとく”できるだけ糖を断つ”といいうことです。
糖といわれると私たちは”甘いもの”と思いがちですが、勝手な解釈は危険です。
実は野菜の中には糖を多く含んでいる食材もあるので、”野菜を多めに”と早合点していると、体にとってはいいと思っていても逆の結果になってしまう場合もあります。

 

2.血管狭窄の原因となるビタミンB12を補う

 

高血圧になってしまうメカニズムは、血管が狭くなったり柔軟性がなくなって血液が流れるときに血管にかかる圧力が高くなるためです。
これを防ぐためにはビタミンB12を多く含む食材と他の食材をバランスよく食べ、血管年齢をよみがえらせることが大切なんですね。

 

血圧と糖質の関係や、断糖食による食事療法が高血圧改善に有効なことは一見難しく感じるかもしれませんが、動画で荒木医師自ら白板に書き込みながら解説してくれるので、テレビの健康番組を見るように理解しやすくなっています。

 

高額な書籍を本屋さんで購入して読むよりも理解度が高く、実践しやすくなると思います。

 

荒木裕医師開発の断糖食による食事療法を実践した人の事例・体験談

★ 愛知県 Sさん(42歳)

血圧: 176/118mmHg⇒129/98mmHg

血圧が下がる

前の日に頭痛がしましたが仕事が忙しかったのだろうと気にもしていませんでした。しかし、次の日になって急に心臓が”ドクドク“し始め、驚いて自宅にあった血圧計で測ってみたら176もありました。

 

毎年人間ドックで異常なしと診断されていますし、自分には関係ないと思っていたので、正直たじろぎました。振り返ってみると、普段から水分をとることも少ないですし、食べたい時に食べたいメニューを選んでいたので、生まれて初めて「そろそろ本格的に自分自身の体のケアが必要な年齢になったんだなぁ」と実感しました。

 

早速、ネットで調べて評判の高いこのプログラムを購入して講義を見ました。荒木先生の解説はとても納得できるもので、しかも食事療法のメニューはバリエーションも豊富で思ったよりも制限も少なく、美味しいので楽しく続けられています。

 

実は、自宅に血圧計があったのも、父が少し血圧が高くときどき計測していたためです。断糖食のメニューは母親が作ってくれて、父親も同じメニューを食べるようになりましたが、血圧が少し下がったと喜んでいます。

 

血圧が高いことがわかったときは愕然としましたが、今となっては42歳という若い時に気がつくことができてよかったと思っています。これからも家族全員で食事や有酸素運動を続けていきたいと思います。

 

 

★ 秋田県 山口さん(66歳)

血圧:175/122mmHg⇒137/95mmHg

教材体験者

53歳の時に高血圧と診断され、10年以上血糖・血圧の薬を飲んでいました。もちろんその間も、評判の食事療法を取り入れたり塩分を少なくしたりと、できるだけのことはしたのですが、毎日となると食事も味気なく楽しみが少なくなって、長続きしないのでやはり薬に頼るしかないとあきらめていました。

 

そんなときに息子の会社の上司が高血圧になり、食事療法や軽い運動で薬が必要ないくらい克服したと聞いたので、その方法を教えてもらったのが荒木式断糖食改善法との出会いです。

 

一番心配だったのが、食事メニューです。食事療法と聞くとどうしても味気ないものばかり想像しますし、長続きできません。その点、簡単に作れるものばかりで、家族とも一緒に食ます。私の血圧も、1か月を過ぎた頃から下がりはじめ、今でもずっと数値をキープしつづけ、最近ようやく薬が必要ではなくなったんです。

 

高血圧になるとずっと薬のお世話にならなければいけないわずらわしさと、脳梗塞や心筋梗塞、腎不全をはじめ、恐ろしい事態になりかねない不安が常にありましたが、今では健康を管理することが少しずつ楽しみにもなってきました。また、教材で進められている有酸素運動も軽いものばかりなので、運動というよりも体操をしている感覚で続けられるのもよかったです。

 

嬉しいことに体重も6㎏も落ちました!本当にありがとうございました。

 

食事は生物の基本です。健康になりましょうね!

 

 

 

 

 

⇒ TOPページに戻りたい場合はコチラ